心地よく過ごせる家
SHS住宅


SHS住宅は日本の高断熱
高気密住宅のパイオニアです
おススメする理由が
たくさんございます。





日本にもっとも普及しているのは、断熱材を柱と柱の間など、構造物の中に充填して断熱する 「充填(内断熱)工法」ですが、最近では、家の断熱、気密を高める「外断熱(外張断熱)工法」が 注目されています。

外張り断熱の快適な住まい SHS住宅

断熱材の施工方法 (断熱工法)

断熱工法は大きく分けて2つあり、断熱材を 構造体の 内側 または 外側に施工することで
「内断熱(充填断熱)工法」 「外断熱(外張断熱)工法」と呼ばれます。
コンクリートの建造物における断熱を 「内断熱」「外断熱」と呼び、
木造や鉄骨造りの建造物では 「充填断熱」「外張断熱」と呼びます。
 
■ 断熱工法の比較
  外張り断熱工法 充填断熱工法
  外張り針断熱説明図 内張り断熱説明図


構造体の外に断熱材を張り、
家全体をすっぽり包み込む工法です
断熱材を柱や間柱の間に入れます。

・ 断熱材の性能を100%発揮。
・ 家全体を包むので気密性が高い
・ 構造体が結露守られ、家が長持ち
・ 住空間プランを広く設計しやすい
・ 隙間ができやすい
・ 柱が熱橋となって熱損失が生じる。
・ 結露が生じやすい



外張り断熱

外側に、取り付けるため、
障害物が無く簡単に施工できます。
( 画像をクリックすると拡大されます。)

充填断熱

隙間無く施工しなければならない為、
施工が困難であり、技術が必要です。
( 画像をクリックすると拡大されます。)


断熱材が柱の外にあるため、柱内、壁表面は部屋と同じ温度となり、層構成上、壁内結露の危険性が少なくなります。
熱橋と隙間が生じると、内部結露の危険性があります。防湿層、通気層、防風層が必要不可欠です。

外張断熱工法は、家をスッポリ包むため、部屋間の温度差や上下の温度差が少なくなり、結露が発生しにくい工法であり、広い間取りの設計を可能にします。
また構造体の疲労を軽減できます。
施工性も外側に施工するため、障害物が無く
簡単に施工が出来ることが特徴です。

家を断熱材で覆うため、防火・防雨・耐風などの知識を持つ必要があり、外張り断熱工法のノウハウや技術を身につけた工務店を探す必要があります。

充填断熱工法は、室内側に設置するため、防災・耐水・耐風を気にせず施工でき、建築家の創作活動も妨げにくい特徴を持ちます。

コンセントや水道管など、障害物が多いため、断熱の隙間(断熱欠損)が出来やすく、施工の難しさが特徴としてあげられ、水蒸気の放散がしにくいため、結露防止に工夫する必要があります。

 


断熱材の豆知識
それぞれの工法の優劣より、 断熱性や気密性、内部結露の対策など、
工務店に、きちんとした断熱設計の知識と技術があるかが問題になります。
工務店の探す際には、断熱の施工方法についても説明を受けましょう。





外張断熱工法の「SHS」住宅の、
高断熱・高気密住宅に対する取り組みの歴史は
長く、経験と絶え間ない改良により非常に
完成度の高い断熱工法です。

日本では昭和63年よりSHS工法として展開されていますが、多くの工務店では外張断熱工法を知らないことが現状です。
西日本SHS会では外張り断熱の家「SHS」住宅に関する情報と研修などのサポートを行っております。

お近くの施工店を下記ページよりお探しください。
「SHS」住宅施工店一覧はこちら >>


「SHS」住宅施工店 募集 >>
「SHS」住宅の詳しい資料  >>


ページの上へ ▲
断熱材の役割 断熱材の種類 断熱材の工法 断熱材の使用箇所 断熱・気密・換気